ステンレス多孔質体の特長

HOME > ステンレス多孔質体の特長 > 触媒担持体

触媒担持体

ニチダイフィルタのコア技術である拡散接合技術により製作された金属多孔体を担持体として使用することで、既存製品に比べて優れた反応性、耐久性、耐湿性および小型化を実現しました。

気体

ガス用浄化触媒

使用材
ボンメッシュ
用 途
オゾン分解触媒、ガソリンエンジン、ゴミ処理、ディーゼルエンジン、等向け排気ガス、浄化用
特 長
金属多孔質体を触媒担持体として使用することで、比表面積の確保と低圧力 損失性の双方を実現しました。


オゾン分解触媒の1例

液体

固定床接触触媒

使用材
ボンメッシュ
用 途
石油精製、FCC(Fluid Catalytic Cracking)/流動接触分解装置、RFCC(Residual Fluid Catalytic Cracking) /残油流動接触装置、石油化学向け等
特 長
従来の流動床ではセラミックボールが磨耗してしまうのに対して、この触媒に置き換えることで攪拌機能が不要となり、また交換コストの削減も可能に。


過酸化水素水の分解触媒の画像

「希望にぴったりな触媒担持体が見つからない!」
などのご要望がございましたら、お気軽にご相談ください

ご相談・お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください

0774-88-6319

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

関連項目